防風林ナビ

防風林ナビ木を枯らす方法(巻き枯らし方法)>木を枯らせる方法
 大きくなった木を枯らせる方法では、表皮を剥ぐ巻き枯らしの以外にも薬剤により処理を行うことができます。薬剤処理の方法では、簡単に木の根まで枯らせることができます。

・主な方法

・巻き枯らし(表皮を剥ぐ方法)
 本サイトの別ページで写真付で紹介している方法。木の養分が流れる表皮を幹に1週。幅20~30cm程度捲り養分を立つことで枯らせる方法。枯れるまでに6カ月~1年程度。常緑樹の場合、葉が落ちるまで1年~2年程度かかります。
 低い位置で根本まで表皮を剥がすと根まで枯らせることができます。腰程度の高さの位置で表皮を剥ぐと、木の種類によっては新たな芽が生えて根が枯れないこともあります。
 表皮をはがすには4~8月頃に作業すると木が水吸って表皮を剥がし易く、作業が容易に行えます。

・巻き枯らし(ロープを巻く方法)
 木の幹にロープ(トラロープ等のポリエチレン製の丈夫なもの)をグルグルと数回巻つける。幹が成長することによりロープが食い込み、表皮下の形成層(養分が流れる部分)が破断するこで木が枯れます。
 枯れるまでに数年かかります。また、表皮を剥ぐ方法と同様に根が残り新たな芽が生えることがあります。

・薬剤処理
 市販の除草剤を使用して根まで枯らせる方法。
 使用する除草剤は、ラウン○アップ等のグリホサート41%を主成分とする除草剤により枯らせます。
 除草剤を溜まるように幹に斜め下向きにドリル数cmで穴を開け、除草剤の流し込み穴を満たし、雨水が入らないよう蓋(テープやラップで)をする。
 木の大きさにもよるが正しく行えば、1か所ないし数か所に行うだけで根まで完全に枯れる。
 土で蓋をすると土壌細菌により除草剤の効果が弱まることがある為、出来ればテープやナイロン袋を巻きつける等して蓋をする方が望ましいですが、雨水が1週間程度入らなけれは大きな問題はありません。

・枯らせるメリット
 木を枯らせると、木の枝や葉が落ちる。水分が抜け出て軽量となり後の処分が容易になります。また、伐採するとこれまであった物が突然無くなることによる弊害を防止しつつ、枯れることで日差しが地表に届き新たな木が成長することができます。
 伐採処分の過程においても次のようなメリットがあります。
 ・体積が減る
 葉や細い枝が落葉などにより落ちて伐採後の体積が少なくなります。また、乾燥により幹自体の体積も縮み少なくなります。
 ・枝がしならない
 乾燥した枝はしなりがなくなるため、倒木や素手で曲げたときの衝撃により折れやすくなります。処分のための伐採をしたとき、枝打ち作業が大幅に軽減されます。
 ・重量が軽くなる
 木が含む含有水分量が大幅に減少することで、重量が大きく減少して軽くなります。樹木の種類により異なるものの、3割程度の重量が減少します。
 ・再利用、焼却処分が容易
 水分を多く含む生木は、燃えにくく、燃焼時に煙が多くなります。特に薪ストーブ等で使用すると水蒸気によりストーブを腐食させます。
 枯れて自然乾燥していることで、焼却処分し易く、伐採後に薪ストーブ等に手軽に再利用出来るようになります。

・枯らせるデメリット
 木を枯らせる行為は遅かれ必ず倒木(概ね10年以内。状況により異なる。)します。
 倒木により周囲に危険を及ぼす恐れがある場合、倒木する前に切り倒す必要があります。
 枯れた木の伐採では、乾燥により木自体が軽くなる(自重が少なくなる)ことでチェンソー等の根本から切り倒す際に倒れにくくなり切断量(伐採時のツルの部分が細くなります)が大きくなります。
 完全に乾燥した木は、硬くなりチェーンソー等の刃の刃こぼれが多くなります。 
 細い木で表皮を剥ぐ方法による巻き枯らしを行うと、局部的に幹が細くなることで倒木の危険があります。この場合での「細い」の判断については、木の高さや種類。傾き等の総合的な割合で判断となるため、危険が感じられる場合には実施できません。枯れた木は、数年に渡り虫の温床となります。

・使用機材(表皮を剥ぐ方法)
 ・エンジン式チェンソー(ノコギリでも可能)
 ・両手ハンマー(金槌、又はマイナスドライバーでも可能)
 ・保護具(チェンソーで無ければ不要)

・使用機材(薬剤処理による方法)
 ・充電式電気ドリル
 ・除草剤(グリホサート系)
 ・サランラップ又は、ビニールテープ 等

・木の根が枯れずに生えてくる場合
 巻き枯らし作業を行っても株から芽が生えて刈らせたい時は、木の根を枯らせる方法 へ

 次ページ:倒木の危険が大きい木の処理

メインメニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る