防風林ナビ

防風林ナビ>単管パイプ三脚による吊り上げ装置
 根の伐根やアンカー・支柱の引抜。伐採した防風林の処分等の重量物の運搬では簡易的に設置できる吊り上げ装置が活躍します。単管パイプ等を使用した三脚は、入手し易く設置及び撤去が容易であるだけでなく、適正に使用すれば耐荷重に優れるため上方向に吊り上げる伐根作業や重量物の取扱いに活躍します。
・簡易的に用いる吊り上げ装置
 重量物の扱いではコスト面や使用場所に制限がなければクレーン(クレーン付きトラック)などの機械が活躍します。
 しかし、倉庫内や果樹園内などの狭い空間での使用。使用頻度が少く保有やレンタルが適さない場合には、設置や解体が容易にでき安価で用意できる吊り上げ装置が活躍します。
 吊り上げ装置を使用できる三脚では、使い勝手の専用品(アルミフレームの軽量品や分割可能で携行に優れるもの)や、手元にある丸太や支柱。入手が容易な単管パイプを組合わせることで設置できます。
 単管パイプを使用した三脚では、交差させて市販のクランプを使用して組み上げることも出来ますが、専用の三脚ヘッドを使用することでより簡単で安定した三脚を設置することが出来ます。これにチェーンブロック等を使用することで重量物を吊り上げることができます。

・金額、重量目安
・三脚部分
 高さ1.88m(2m単管パイプ使用) 金額2万円、重量で20kg程度。
 携行タイプの専用品高さ2.5m 金額3万円、重量25kg程度。
・チェーンブロック
 1トン用 金額1万円、重量10kg程度。
 2トン用 金額1.5万円、重量13kg程度。

単管パイプ三脚による吊り上げ装置

  • タコマン三脚ヘッドの使い方
  • タコマン三脚ヘッドの使い方

     単管パイプを使用した三脚の組立ではタコマン三脚ヘッド等の吊り部が備わった専用の機材を使用することでより安定した三脚やぐらを組み立てることが出来ます。
  • 三脚で使用できる吊り上げ装置
  • 三脚で使用できる吊り上げ装置

     設置や移設や容易な簡易的な吊り上げ装置では、チェーンブロックの他ハンドウインチ等を用いることが出来ます。使用頻度や他用途への利用。価格や操作性を考慮して選択することができます。
  • ・三脚を使用した伐根方法

     三脚吊り上げ装置を使用すると、手作業で掘り起こすことが出来ない切り株の伐根を行うことができます。
  • ・切り株の処分方法

     伐根した切り株の処分では、付着する土は基本的にゴミとして処分することが出来ません。切り株に多量の土が付着している場合、乾燥させてスコップ等で叩き落とす。水道とブラシや、高圧洗浄機を使用して粗方の土を落としてからの処分を行います。
 

 次ページ:タコマン三脚ヘッドの使い方

メインメニュー

姉妹サイト・ブログ

ページのトップへ戻る